見た目もおしゃれなアンティーク調のデザイン

懐中時計ってどんな時計?

懐中時計とはポケットや懐に入れて持ち歩ける小型の携帯用時計です。現在は腕時計が主流ですが、昔は丈夫でかさばらない携帯時計として懐中時計は使用されていました。多くの場合文字盤はアナログ式で、竜頭についている組紐や鎖などで落ちないように衣服と繋いで利用します。そして時計本体はポケットに収納するのが基本型です。ちなみに竜頭にくるのは用途や製作者の意図で12時だったり6時だったりします。

懐中時計の外観上の区別は大きく分けて4つあります。上蓋のないオープンフェイス、金属製の上蓋がついているか二枚貝のようなケースに収納する形となっているハンターケース、上蓋の中央がドーナツ状にくり抜かれているかガラスがはめ込まれているナポレオン、ケースや文字盤にガラスが使われたスケルトンがあります。

おしゃれな懐中時計ならアンティークデザイン

懐中時計は昔のものと思われがちですが、最近は安くてデザインの素敵な海中時計が多く販売されています。レトロな雰囲気もあり、ファッションの一部として取り入れられていることも多いです。なかでもアンティーク調のデザインはおしゃれで流行や年齢関係なく持てるのでおすすめです。懐中時計の文字盤の数字はアラビア数字かローマ数字を採用していて、アラビア数字は視認性重視、ローマ数字はデザイン性を重視しています。また、文字盤は白か黒が多く、白は清潔感があり、黒はおしゃれでクールな印象になります。アンティーク風のデザインには金属製や木目調などがありますが、錆やキズなど経年劣化を思わせる加工がしてあり新品よりもこなれた印象になります。